不眠の悩みを解消し、心地よい眠りを応援するサイト

MSD
 


生活習慣病の方

不眠があると生活習慣病のリスクが高まります

不眠症状のある人は、ない人に比べて糖尿病になる危険性が約2~3倍、高血圧になる危険性が約2倍高くなるといわれています。
また、高血圧と糖尿病が合併すると、脳血管障害などの危険性が増えます。

不眠症状を放置せず、医師に相談し、血圧や血糖値のコントロールとあわせ、規則正しい生活を心がけましょう。

睡眠障害の原因のひとつに睡眠時無呼吸症候群があります。いびきとともに呼吸が止まるのが特徴で、高血圧などの生活習慣病のリスクを高めることが知られています。慢性的ないびきは放置せずに医師に相談するようにしましょう。

不眠で高まるうつ病リスク

※オッズ比
日本人男性約6,000名を4年間追跡した調査
Suka M et al.J Occup Health 2003;45:344–350.

※※ハザード比
日本人男性約2,600名を8年間追跡した調査
Kawakami N et al. Diabetes Care 2004;27(1)282–283.

生活習慣病の方への快眠のためのアドバイス

ストレス解消のために

ストレスがかかると眠気はあっても寝つけなかったり、夜中に起きてしまったりしやすくなります。このような場合は、ストレス解消が効果的です。例えば以下のような方法があります。

  • リラックス効果のある音楽や音を聞く。川のせせらぎや波の音、小鳥の鳴き声などを収録したCDも市販されています。
  • 温めの風呂に入ったり、足湯、マッサージなどにはリラックス効果があります。
  • 呼吸も大切です。数回、ゆっくりと大きく深呼吸するだけで、気分が落ち着きやすくなります。そのほか腹式呼吸には、自律神経を整えて、副交感神経を優位にする効果が知られています。

刺激物は避けて

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用があり、摂取してから数時間は持続しますので、寝つきが悪くなったり睡眠が浅くなったりします。

タバコに含まれるニコチンには興奮作用があるので、寝る前の喫煙もお勧めできません。

アルコールは眠りを浅くし、夜中に目が覚めやすくなります。

適度な運動を

適度な運動を習慣づけることは、寝つきをよくし、夜中の目覚めを減らすことにもつながります。適度な運動には、30分程度のウォーキングや散歩、軽いランニングや水泳、体操などがあります。

規則正しい食生活を

夜食や間食などを避け、規則正しい食生活を心がけることは、不眠症状の改善だけでなく、生活習慣病の改善・予防にも効果的です。糖尿病のある患者さんでは、適切なカロリーと、バランスのとれた健康的な食事を3食きちんととることで血糖値のコントロールにもつながります。

睡眠について悩みや気になることがあるときには、
早めに医師に相談しましょう。

あなたの睡眠状態をチェックしてみましょう。

「睡眠チェック!」はこちら

不眠症の相談ができる病医院を探しましょう。

「病医院検索」はこちら
ページトップに戻る