不眠の悩みを解消し、心地よい眠りを応援するサイト

MSD
 

 


用語集

疾患に関する用語

熟眠障害(ぐっすり眠った気がしない) 早朝覚醒(朝早く目が覚める)
中途覚醒(夜中によく目が覚める) 入眠障害(なかなか寝つけない)


熟眠障害(ぐっすり眠った気がしない)

十分な睡眠時間をとったのに起床時に疲れやだるさが残り、深く眠った感じが得られない不眠症のタイプ。必要以上に長く寝床で過ごしている人に多くみられる。ほかのタイプの不眠症を伴っている場合が多く、そのタイプの不眠症の対処をすることで改善につながることも多い。


早朝覚醒(朝早く目が覚める)

朝、希望する起床時間より早く目が覚め、その後眠れなくなってしまう不眠症のタイプ。早朝覚醒があると、その後再び入眠できても、眠りが浅く熟眠感が得られない。日本の成人の7.9%が早朝覚醒を体験しているといわれる。高齢者やうつ病の場合に多くみられる。


中途覚醒(夜中によく目が覚める)

睡眠中に何度も目が覚めてしまう不眠症のタイプ。日本の成人の15%にみられ、不眠の訴えの中で最も多い。中途覚醒型の不眠は、中高年でより頻度が高い。尿意や夢、体の不調や強い精神的ストレスなどが原因となる。また、飲酒が中途覚醒を招く場合もある。


入眠障害(なかなか寝つけない)

床に入って寝つくまでに長時間(30分~1時間以上)かかる不眠症のタイプをいう。成人の8.1%が寝つきの悪さを体験していることが示されている。精神的な問題、不安や緊張が強いとき、体に痛みやかゆみがあるときなどに起こりやすい。


ページトップに戻る