不眠の悩みを解消し、心地よい眠りを応援するサイト

MSD
 

 


不眠症治療薬(睡眠薬)の歴史

お薬による不眠症治療は、 「バルビツール酸系睡眠薬」にはじまり、これまでは「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」、「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」などがよく使われてきました。これらはいずれもGABA受容体作動薬に分類されるお薬です。

その後、「メラトニン受容体作動薬」という体内時計を介して眠りをもたらす薬が開発されました。

そしてさらに最近、オレキシンという覚醒にかかわる脳内物質の働きを抑えることによって睡眠に導く「オレキシン受容体拮抗薬」も開発され、「不眠の薬物治療」の選択肢が広がっています。

不眠症治療薬(睡眠薬)の歴史

不眠症治療薬(睡眠薬)の歴史
ページトップに戻る