不眠症の治療

GABA受容体作動薬(GABAの働きを強める薬)

脳の活動を抑えて眠りに導く

脳の興奮を抑えるGABA(ガンマアミノ酪酸)という神経伝達物質の働きを促すことによって、脳の活動を休ませて眠りへと導きます。

お薬の構造から「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」と「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」に分けられ、不眠症の症状や患者さんの生活状況などの背景に応じて使い分けられています。

GABA受容体作動薬 脳全体を鎮静させて眠りをもたらす