快眠ジャパンホーム > 眠りのメカニズムや実態 – 不眠の症状
Close Mobile Navigation

眠りのメカニズムや実態

不眠の症状

あなたの不眠の症状はどのタイプ?

不眠の症状は主に以下のようなタイプのものがあります。
1つだけのこともあれば、複数のタイプを伴っている場合も多くあります。
まずは、あなたの不眠の症状がどのタイプなのか知っておきましょう

入眠困難 (なかなか寝つけない)

床に入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかる。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいといわれています


中途覚醒 (夜中によく目が覚める)

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなる。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15~27%)、中高年でより頻度が高いといわれています。


早朝覚醒 (朝早く目が覚める)

朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまう。
高齢者に多くみられます。




関連コンテンツ

あなたの眠りは何点?
あなたの睡眠の問題がどのようなタイプか、どのような対処をすればよいのか知りましょう。

睡眠チェック!

簡単にはじめられる快眠のためのセルフケアを〇×クイズで学びましょう。

不眠対策〇×クイズ

不眠症は治療の選択肢が広がっています。治療の流れやお薬を使った治療法をご紹介します。

不眠症の治療