眠りのメカニズムや実態

不眠の症状

あなたの不眠の症状はどのタイプ?

不眠の症状は主に以下のようなタイプのものがあります。
1つだけのこともあれば、複数のタイプを伴っている場合も多くあります。
まずは、あなたの不眠の症状がどのタイプなのか知っておきましょう。

入眠困難
(なかなか寝つけない)

床に入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかる。
精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすいといわれています。

中途覚醒
(夜中によく目が覚める)

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなる。
日本の成人の方では、不眠の訴えの中で最も多く(15~27%)、中高年でより頻度が高いといわれています。

早朝覚醒
(朝早く目が覚める)

朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまう。
高齢者に多くみられます。

熟眠困難
(ぐっすりと眠った満足感がない)

睡眠時間のわりに熟睡感が得られない。
睡眠時無呼吸症候群など、睡眠中に症状の現れる病気が関係していることもあります。